いち早く使える人材に

男女

利用する目的

ビジネスマナーは、社会的に必要とされるマナーよりも一段と高いレベルのマナーが必要とされます。また名刺交換といったビジネスの場ならではの風習についてのマナーもあるため、あらためて指導する、学ぶという姿勢がないと身につかないものでもあります。そのため、特に新人を対象としたビジネスマナー研修を取り入れている企業が多くなっています。ビジネスマナー研修を行う目的は、いち早く安心してビジネスの場を任せられる人材に社員を育てることです。特に新卒で入社した社員は、学生気分が抜けきっていないことが多く、様々な点で甘えが残っています。意識としてはしっかりしている社員でも、実用性の面から言うとまだまだ甘いということもおおいにありえます。敬語、名刺交換、電話応対、コミュニケーション時の注意点などのビジネスマナーをたたき込むことで、社会人として最低限のレベルに引き上げることが可能になります。こうした社会人としての基礎があやふやだと、その上にビジネスの知識や方法を入れても結局取引先や顧客からの信頼を得られないおそれもあります。そうならないために特に新人には研修を行うことが多いのです。研修という形ならばOJTよりも体系だって教えることができ、早く身につくというメリットもあります。また、新人だけでなく、派遣社員などにもビジネスマナー研修を行うことがあります。派遣社員はOJTでじっくり教えるということが難しいので、新人よりも確実に早く基礎を教える必要があるためです。

Copyright© 2017 社員にビジネスマナー研修を実施しよう|サービスの質が向上する All Rights Reserved.